top of page
  • max2951

OMNIワークショップが愛媛新聞にて紹介されました。




このワークショップは、四国中央市とのコラボレーションで開催され、参加者はすべて子どもたちでした。子どもたちは、海の問題について学び、自分たちならではのアイデアを出し合いました。

その中で特に印象的だったのは、プラスチックごみの問題に対するアイデアでした。子どもたちは、海に浮かぶプラスチックごみをリサイクルする方法や、プラスチックごみを減らす方法を提案しました。また、海洋生物の保護や海の環境保全についても様々なアイデアが出されました。

このワークショップでは、子どもたちが自由にアイデアを出し合うことができ、そのアイデアが実際に役立つことが期待されます。海の未来を考えることは、子どもたちにとっても大切なことであり、今後もこのような取り組みが続いていくことを願っています。



閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page