top of page

マイクロプラスチックバケットの海でのテスト


マイクロプラスチック製の「バケツ」デバイスは、40分で10,000lの海水をろ過する能力を持っています。フロートボディ、フィルターバケット、ポンプ、ウエイトの4つの主要部品を1つのユニットとして組み立てています。3つのフロートボディは、フィルターバケットの周囲に三角形に配置されており、浮力を確保しています。300ミクロンのメッシュインレイとゴム製のドレインバルブを備えた30リットルのバケツが、この装置の中核を成しています。バケットの底にはビルジポンプが取り付けられており、動作中は常に水が流れている状態になっています。浮力と安定性のために ... ポンプの下にはカウンターウェイトが取り付けられています。


現在の結果/

この装置は完璧に動作しています。逗子での40分間の試運転の後、メッシュにはプランクトンのような緑色の粒子がたくさん付いていました。目で見てもマイクロプラスチックを発見することはできませんでした。



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page